SCAN-BOX PS4/PS3/Vita/PSPとネットオーディオ 

デジタル製品を中心に、コスパ高いものを紹介。PS3を中心としたゲーム、ネットワークオーディオも

 
HOME > スポンサー広告 > title - オススメUPS「CyberPower Backup BR 550 CP550」 レヴューHOME > ネットワークオーディオ > title - オススメUPS「CyberPower Backup BR 550 CP550」 レヴュー

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
     スポンサードリンク


 

category: スポンサー広告

TB: --    CM: --

オススメUPS「CyberPower Backup BR 550 CP550」 レヴュー 


[UPS] ブログ村キーワード

『CyberPower 無停電電源装置 Backup BR 550 [CP550JP]』

前々回【記事:Logitech Squeezebox Touch 生産終了 DNP-F109は代替機として使えるか? 】について書きまして、今のプレイヤーを大事に使わないといけないと思ったとこでしたので、HDD(NAS)やプレイヤーを保護するためのUPS導入について今回は書きます。。


自分の家は田舎にあるため、雷や台風といった災害時に瞬停がけっこうあります。今まであまり気にしてなかったのですが、PCやPS3がここ最近壊れてしまったこともあり、停電の影響を無視できなくなりました。

対策としては、バックアップをコマ目に取る、保存ディスクの2重化等あります。この対策は保存データの保護には役に立つのですが、PCやオーディオ機器を守ることはできません。

そこで登場するのが、無停電電源装置(UPS-Uninterruptible Power Supply)です。UPSとは何なのか簡単にいうと、バッテリー付きコンセントです。瞬停時にはこのバッテリーを使用することで、接続機器の電源が落ちることがありません。

わかりやすい例を上げると、ノートパソコンの電源コンセントを抜いてもバッテリーが充電されていればPCは起動したままですよね。これを、停電等により電源を落としたくない機器でも可能にしたのがUPSです。UPSはけっこうサイズが大きいものが多いのですが、体積のほとんどはバッテリーが占めています。

10年前に仕事でUPS装置を購入したことがあったのですが、100万単位の値段だったため、とても個人で買う代物ではないなーと思っていました。

しかし、価格comで調べたところ、個人用のUPSが1万円以下で得られているではありませんか!QNAPのNAS【記事:Squeeze box touch ネットオーディオ導入! 外付けHDD編(NAS)】に音楽データを保存し始めた頃だったので、音楽データとPS3保護のため即購入を決めました。

問題はどの機種にするかです。1.1万円以下(12/29現在)のUPSをピックアップすると下記となります。


『CyberPower Backup BR 375 CP375 JP』(¥4630 375VA コンセント数6個)
『APC SurgeArrest BE325-JP』< (¥4200 325VA コンセント数4個)
『Powercom ICT-530J』(¥6054 530VA コンセント数4個)
『CyberPower Backup BR 550 CP550JP』(¥6380 550VA コンセント数8個)
常時商用方式UPSmini350T 『ユタカ電機製作所UPSmini350T YEUP-031MTA』(¥7600 350VA コンセント数6個)
『サンワサプライUPS-500C』(¥8708 500VA コンセント数6個)
『オムロン BZ35LT2』(¥10800 350VA コンセント数6個)


ここで325VAとか500VAとか書いてあるのは、バッテリーの容量になります。数字が大きければ、電気を貯められる量も増えると考えてもらって大丈夫です。

どの機種もレヴューが少なくてどれを選ぶか迷ったのですが、単純に容量が大きくてコンセント数が多く、かつ安いものをと考えると「CyberPower Backup BR 550 CP550 JP」が魅力的に見えます。心配な点は国内ではなく、台湾メーカーということです。ただ、HPでこのUPSを調べるとQNAPのNASと連携できると書いてあり、少ないながらもレヴューを調べるとけっこう評判が良いため、思い切って購入してみました。

使用して1ヶ月以上立ちますのでレヴューすると、まず現物を見た時の印象は「けっこう小さい」です。

そして、残念だったことが1つだけあって、8つあるコンセントのうちUPSとして使用できるものは半分の4つだけで、残りの4つはサージ機能(落雷等による異常大電流を防ぐ)がついた普通のコンセントとなります。UPSに8つの機器をつなげようとお考えのかたはご注意ください。

自分の場合は、HDD(NAS)2台とPS3、Squeezeboxの合計4台を接続したかったため、問題はありませんでした。UPS側にこの4台を接続し、その他のコンセントにはTVとAVアンプ、ノートパソコンをつないで、UPSを起動させようとスイッチを入れました。

しかし、スイッチが入らない。正常であれば緑色のランプが点くのですが、暗いまま。不良品だったのかと思ったら、電源ONは長押しが必要でした。同じようなトラブルのかたが居ましたらお気をつけください。長押しでONになりますよ。

その後トラブルもなく、現在まで使用できています。HPからダウンロードできる「PowerPanel Personal Edition」を使用すれば、USBでつないだ「Backup BR 550」の状態をモニターでき、停電時に接続機器ON状態を何分保つのか設定したり、瞬停が起きた時間のログを取ることもできます。

¥6380でこれだけのことができる本機(UPS)は、非常にコストパフォーマンスに優れた製品だと思います。AV機器や外付けHDDの保護をお考えの方は是非検討ください。

※追記:2012年10月~12月のネットオーディオまとめ記事書きました。
→【記事:ネットオーディオ記事まとめ(2012年9~12月)  】


記事がお役に立ちましたたら、下記リンクをクリック頂けると嬉しいです。

人気ブログランキングへ





『CyberPower Backup BR 375 CP375 JP』
『CyberPower 無停電電源装置 Backup BR 550 [CP550JP]』

     スポンサードリンク


 
ネットワークオーディオの関連記事

category: ネットワークオーディオ

thread: AV機器・家電製品 - janre: ライフ

tag: ネットワークオーディオ  UPS  バックアップ  CyberPower 


コメント

コメントの投稿
Secret

トラックバック
トラックバックURL
→http://ptfeyarn.blog.fc2.com/tb.php/47-d3fcb762
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



スポンサーリンク


サイト内検索フォーム

プロフィール

カテゴリ

最新記事

人気ページ

フリーエリア

RSSリンクの表示

スポンサードリンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。