SCAN-BOX PS4/PS3/Vita/PSPとネットオーディオ 

デジタル製品を中心に、コスパ高いものを紹介。PS3を中心としたゲーム、ネットワークオーディオも

 
HOME > スポンサー広告 > title - メタルマックス2リローデッド&3 お得なDSソフトHOME > レトロゲーム > title - メタルマックス2リローデッド&3 お得なDSソフト

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
     スポンサードリンク


 

category: スポンサー広告

TB: --    CM: --

メタルマックス2リローデッド&3 お得なDSソフト 

[メタルマックス2:リローデッド] ブログ村キーワード

メタルマックス3(通常版)(特典なし)
  『メタルマックス3』

今回はお得なDSソフト、レトロゲーマーの間では有名な「メタルマックス」シリーズを紹介します。記念すべきシリーズの初代「メタルマックス」は、1991年に今はなきデータイーストからファミコンで発売されました。

「竜退治はもう飽きた!」「戦車と人間のRPG」というキャッチコピーで、
ドラゴンクエストやファイナルファンタジーが絶頂の時代のゲーム業界において異彩を放っていて、僕も初めてプレイした時の衝撃は忘れられません。※デザイナーの宮岡寛(ドラクエ1~3制作に関わる)が「堀井さんに顔向けできない」とこのキャッチコピーを拒否したが、プロデューサーだった桝田省治の強行策により結局使用されたらしい

コンピュータとの戦争により荒廃した未来が舞台となるのですが、主人公は賞金稼ぎとして数々の強力なお尋ね者を倒していきます。しかし、近くの街で装備を整えれば勝てる通常のRPGと違い、賞金首というだけあってその強さは桁違いで、生身だと即死させられます。

どうすりゃいいんだと途方にくれていると、町の住人から戦車らしきものを盗賊のアジトで見たとの情報をもらいます。必死の思いで探しに行き、そして噂通り、画面に戦車が見えた時のカタルシスは半端じゃありません。戦車には装甲が数値化された独自のHPが設定されており、戦車に乗っている間は中の人間は一切ダメージを受けないため、これさえあれば賞金首だって怖くありません。

ただ簡単に倒せるわけではありません。そこは天才ゲームデザイナーの桝田省治さんが関わっているだけあって、勝てるか勝てないかギリギリの勝負を楽しむことができます。そして、お尋ね者を倒した後にハンターズセンターにいくと、めでたく賞金をもらえます。この賞金を使って、戦車の装備をもっと強いものに買い換えたり、シャーシそのもを改造したりするのが「メタルマックス」で一番楽しい時間となります。

一見難しそうに思えますが、簡単で奥深いシステムとなっていまして、要は「強い装備は重い」→「エンジンを強化」の繰り返しで戦車が強くなっていきます。その装備の強さと重さに絶妙のバランスがあり、雑魚敵用とボス用を使い分けたり、特殊効果のある武器を使ったりやりこみ要素が多いのも「メタルマックス」シリーズの特徴です。

そしてもう一つの大きな世界観として、オープンワールドになっていることがあります。簡単に見えて実は深いストーリーも用意されていますが、無視してガンガン進んで構わないですし、攻略本を見なかったらうっかり見逃す賞金首もいたりします。仲間になるメンバーにも特徴があって、メカニック、女ソルジャー、ポチ(犬)と普通じゃありません。

戦車に乗って強いのは 「主人公」→「メカニック」→「ソルジャー」、生身で強いのは「ソルジャー」→「主人公」→「メカニック」となっていて、「メカニック」は「大破」以外の戦車の修理をすることができます。ボス戦で戦車が大破し、人間のみになって絶望する中、ソルジャーだけはボスにダメージを与えることができ、何度も助けられました。

女ソルジャーはメタルマックス2では育ての母親役として登場し、めちゃくちゃかっこいいので思い入れがあります。そしてポチも武器を装着することで強くなりますが、物語の終盤では他のメンバーの強さがインフレするため空気となってしまいます。(ただドーピングする方法もあり、ポチファンは諦めないでください)

この「メタルマックス」シリーズはスーパーファミコン時代までに、下記3本が発売されました。
・FC「メタルマックス」
・SFC「メタルマックス2」
・SFC「メタルマックスリターンズ」

その後、プレイステーションやドリームキャストなどで続編が発表されながら発売されない時期が続き、ファンにとっては残念な思いをすることばかりとなっていました。そんなか、2005年PS2にオリジナルの製作者が一部参加した『メタルサーガ 〜砂塵の鎖〜』が発売され正当な続編への機運が高まりました。
METAL SAGA ~砂塵の鎖~ PlayStation 2 the Best
『METAL SAGA ~砂塵の鎖~ PlayStation 2 the Best』

そして遂に2010年、任天堂DSで発売されたのが  『メタルマックス3』です。オリジナルスタッフのほとんどが集結しており

ディレクター 田内智樹(RPGツクール、天空のレストラン)
デザイナー 宮岡寛(ドラクエ1~3、天空のレストラン、いたスト)
音楽 門倉聡(機動戦士ガンダムF91、サザンオールスターズ編曲)
美術 山本貴嗣(最終教師、エルフ・17、SABER CATS)

オリジナルファンにとって涙もののメンバーとなっています。(個人的には桝田さんが参加してないのが残念)。ビジュアルはSFCを彷彿とさせる2Dドット絵となっており、プレイした感想としては「メタルマックス」の世界観を忠実に再現しています。ただ、操作性や若干オープンワールド性が失われていることから、まだこのシリーズを未プレイの方であれば、昨年発売された『メタルマックス2: リローテッド』をオススメします。



『メタルマックス2: リローテッド』

こちらは桝田さんが参加されていたオリジナルの「メタルマックス2」をリメイクしたもので、新たな町や賞金首などを追加し、操作性を3より改善したことで非常にオススメできる作品となっています。そしてこのブログのコンセプトであるコストパフォーマンスについても申し分なく、通常版であれば両作品とも新品1750円で買えます(12/8現在)。また、「メタルマックス2: リローデッド Limited Edition 」であればサントラ付きの限定版も3660円とお得になっていますので、こちらの動画をみて音楽も気に入った方は限定版をオススメします。



今回記事を書いていて桝田省治さんのゲームを無性にやりたくなったので次回は桝田さんが関わったゲームを紹介したいと思います。→お得な『桝田省治』関連ゲーム 

※追記:2012年10月~12月のゲームまとめ記事書きました。
→【記事:ゲーム記事まとめ(2012年10~12月) 】

記事が面白かったら、下記リンクをクリック頂けると嬉しいです。

人気ブログランキングへ

メタルマックス2: リローデッド Limited Edition (オリジナルサウンドトラック & WANTEDメタルプレート & 山本貴嗣先生描き下ろしコミック同梱)
『メタルマックス2: リローデッド Limited Edition (オリジナルサウンドトラック & WANTEDメタルプレート & 山本貴嗣先生描き下ろしコミック同梱)』
     スポンサードリンク


 
レトロゲームの関連記事

category: レトロゲーム

thread: レトロゲーム - janre: ゲーム

tag: レトロゲーム  DS  メタルマックス3  桝田省治  リローデッド  戦車 


コメント

コメントの投稿
Secret

トラックバック
トラックバックURL
→http://ptfeyarn.blog.fc2.com/tb.php/30-6dd94b3b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



スポンサーリンク


サイト内検索フォーム

プロフィール

カテゴリ

最新記事

人気ページ

フリーエリア

RSSリンクの表示

スポンサードリンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。