SCAN-BOX PS4/PS3/Vita/PSPとネットオーディオ 

デジタル製品を中心に、コスパ高いものを紹介。PS3を中心としたゲーム、ネットワークオーディオも

 
HOME > スポンサー広告 > title - お手軽ネットオーディオ Mac(AirPlay)編 対応AVアンプやアクティブスピーカーで楽しもう!HOME > ネットワークオーディオ > title - お手軽ネットオーディオ Mac(AirPlay)編 対応AVアンプやアクティブスピーカーで楽しもう!

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
     スポンサードリンク


 

category: スポンサー広告

TB: --    CM: --

お手軽ネットオーディオ Mac(AirPlay)編 対応AVアンプやアクティブスピーカーで楽しもう! 

本日は前回説明できなかった、PS3は持ってないけどiphoneやipod、ipadといったmac製品を持っている人にオススメのお手軽ネットオーディオについて書きます。

まず、自分の周りにあるコンポやアクティブスピーカーにAirPlay対応って書いてあるか調べてみましょう。書いてあったらラッキー!後は、AirPlay対応機器がネットワーク環境に繋がってさえいれば、ituneの右下のボタンをおしてAirPlayスピーカーを選択すれば、外部スピーカーから音がでます。

itune内にリッピングしていけば、ネットワークオーディオ完成です。最近(2・3年前くらいから)のAVアンプは対応済みの製品が多いので、是非チェックしてみてください。

残念ながら対応製品を持っていない方、まだあきらめるのは早いです。

ネットワーク環境に「AirMac Express」を使用してませんか?実は「AirMac Express」もAirPlayに対応しています。よく見るとステレオミニジャック端子がついてるのご確認ください。これにアクティブスピーカーをつなげても、お手軽ネットオーディオが構築出来ます。

ただ、音質があまり良くないのではないかと気になる方もいらっしゃると思います。そんな方のためにAirMacがスゴいのは、このミニジャック端子が光り出力端子も兼ね備えていることです。注意しないといけないのは、丸形光デジタルケーブルじゃないと接続できないことです。【変換プラグ】角型⇒丸型もありますので、角型のケーブルをお持ちの方はこちらもオススメです。

光りケーブルで、AVアンプルやミニコンポ等に接続し、「AppleLossless」形式で再生すればCD音質なみの音質で音楽を楽しむことができます。自分もしばらく、AirMac環境で楽しんでいました。ただ、Flacに対応していないのと16bit/44.1kHz以上のハイレゾ音源とよばれる高音質形式に対応していないことが気になり、前に記した「Logitech Squeezebox Touch 」を導入することになりました。


次回は音楽ファイルの管理方法について書く予定です

※追記:2012年10月~12月のネットオーディオまとめ記事書きました。
→【記事:ネットオーディオ記事まとめ(2012年9~12月)  】


   

記事が面白かったら、下記リンクをクリック頂けると嬉しいです。

人気ブログランキングへ
     スポンサードリンク


 
ネットワークオーディオの関連記事

category: ネットワークオーディオ

thread: iPhone アプリ - janre: 携帯電話・PHS

tag: ネットワークオーディオ  Airplay  オススメ  スピーカー  AirMac  光ケーブル  アクティブスピーカー  AVアンプ 


コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

| #

2012/11/05 09:10 * edit *

コメントの投稿
Secret

トラックバック
トラックバックURL
→http://ptfeyarn.blog.fc2.com/tb.php/10-b8a97c23
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



スポンサーリンク


サイト内検索フォーム

プロフィール

カテゴリ

最新記事

人気ページ

フリーエリア

RSSリンクの表示

スポンサードリンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。